仙台経済界 仙台経済圏の情報誌の制作・発行
トップページ 個人情報の取り扱いについて お問い合わせ  
仙台経済界トップへ戻る
トップページ>仙台のプロジェクト
仙台のプロジェクト 注目の開発から生活に身近な取り組みまで

【2017年6月1日発売!】

訪日客の波
到来!

 仙台圏を中心に、今注目の開発や仙台の将来にとって様々な影響を与える計画、生活に身近な取り組みまで、ハード・ソフト合わせて100件近くのプロジェクトを取材。進捗状況やプロジェクトの成否など、きめ細かく、写真などを使用して読者に紹介します。

仙台のプロジェクト100
トップインタビュー
  仕事、子育て、暮らしの質高め、女性が選ぶ仙台に
宮城学院女子大学 生活科学部長 教授 厳 爽
【特別寄稿】
  仙台のさらなる発展に向けて
公益財団法人 都市化研究公室 理事長 光多 長温
特集
  魅力高める流通
若者引き付けるまちづくりを
特集
  人材を育てるキャリア教育
キャリア教育で仕事への意欲高める

インタビュー
地域連携したキャリア教育が人口減対策に
文部科学省 初等中等教育局 教育課程課 
教科調査官 長田 徹

特別寄稿
宮城の産業を支える人材育成
仙台城南高等学校 前校長・学校法人東北工業大学
顧問 久力 誠
プロジェクト一例
仙台のプロジェクト100

青葉山に「東北放射光施設」を人口減少見据えた仙台市の都市計画/ 公園運営を民間で行う荒井東/儲かる米農家の極意/時代は「第三のトイレ」へ/国産ニットに静かなブーム/大島架橋事業19年春完成へ/港からインバウンド呼び込む/東北大学病院新診療棟、高度医療に特化/子どもたちに大人気の「へんてこ」

試し読みをする
【トップインタビュー】
仕事、子育て、暮らしの質高め、女性が選ぶ仙台に

宮城学院女子大学 生活科学部長 教授 厳 爽
 東北・宮城において女性の流出が問題となっている。特に、20〜39歳の若手女性の減少は、「消滅可能性都市」につながる。人口108万人の仙台は、女性に好まれるまちなのか。宮城学院女子大学(青葉区、平川新学長)生活科学部長の厳爽教授に、最近の学生の考え方や仙台のまちづくりについて聞いた。

【特別寄稿】
仙台のさらなる発展に向けて

公益財団法人 都市化研究公室 理事長 光多 長温

 仙台を取り巻く社会経済が大きく変動している中、アクティブな都市づくりが求められる。それには、まず交通インフラの整備、開発から大きく動かしていくことが必要ではないか。


【特集/魅力高める流通】
若者引き付けるまちづくりを

 JR仙台駅周辺で商業集積が進み、ホテルの開業が相次ぐ。対する一番町エリアでは、二つの百貨店がタッグを組んだほか、中心部商店街が活性化に向けて動き出した。商環境が激変する中、カギを握るのは若者だ。魅力がなければ若者は集まらない。

【特集/人材を育てるキャリア教育】
キャリア教育で仕事への意欲高める

 東日本大震災後、宮城県における就職内定率は全国トップレベルにまで上昇している。人手不足が叫ばれる一方で、課題となっているのが進路未定者や離職率の高さ。そこで、高い職業観を身に付けてもらおうというキャリア教育が注目を集めている。

【特集/インタビュー】
地域連携したキャリア教育が人口減対策に

文部科学省 初等中等教育局 教育課程課 教科調査官 長田 徹
 宮城県によると、2016年度県内高校卒業生数約2万人のうち、就職者は4633人で15年度より127人減少、進学希望者が283人増加した。就職者の内訳は、県内が3753人、県外が880人となった。文部科学省初等中等教育局教育課程課の長田徹教科調査官に高校におけるキャリア教育の重要性について聞いた。

【特集/特別寄稿】
宮城の産業を支える人材育成

仙台城南高等学校 前校長・学校法人東北工業大学 顧問 久力 誠
 宮城県随一の私立高校を目指し2013年に誕生した仙台城南高等学校(太白区)。しかし、前身の東北工業大学高等学校校長を10年に引き受けた時は、定員割れが常習化、事態は深刻を極めていた。

◆青葉山に「東北放射光施設」を
 建設地が東北大学青葉山新キャンパスに決定し、2018年着工、20年の運転開始を目指す、物質の構造などを原子レベルで見ることができる東北放射光施設。世界最高水準を目指す同施設は今、国のプロジェクトとして認定されるかどうかの岐路に立つ。

◆人口減少見据えた仙台市の都市計画
 18年度に策定される宮城県の「仙塩広域都市計画の整備、開発及び保全の方針」に係る仙台市案。人口減少時代へ向け、市が以前から進めて来た「機能集約型市街地形成」がさらに加速する。

◆儲かる米農家の極意
 親子経営の米専業農家が100haの田んぼを耕し、収穫した米を直販で売りきる。しかも価格は5㎏3000円前後と、一般的な価格の倍に近い。黒澤米はそれでも売れる。代々続く自然農法が強さの源泉だ。
ご購入方法
仙台都市圏及び宮城県内、山形市、天童市、岩手県一関市、福島市の書店300店、コンビニエンスストア、キヨスクなど1,300店舗で発売中です。東京都内では、豊島区東池袋の宮城ふるさとプラザ(TEL:03-5956-3511)、千代田区神田錦町の東方通信社・ふるさと情報PRセンター(TEL:03-3518-8844)にて取り扱いをしています。お近くの書店にない場合は、こちらからお問い合わせください。
バックナンバーご案内 定期購読の申込み
会社概要
定期購読のご案内
各種受付のご案内
バックナンバーのご案内
お問い合わせ
発行雑誌・書籍
雑誌
仙台経済界
仙台商圏
仙台のプロジェクト
仙台圏の不動産情報
Senkey1(※休刊中)
書籍
SLAM-DUNKING
WAL-MART!
被告人ウォルマート
−市民、顧客、従業員、納入企業等による 反社会的行為との戦い−
アンケート・読者の声募集
株式会社 仙台経済界
<本社>〒980-0811 仙台市青葉区一番町1-12-39(旭開発第2ビル202号)
<分室>〒980-0811 仙台市青葉区一番町1-4-3(ベルエア会館303号)
TEL: 022-223-5611 FAX: 022-224-4695