仙台経済界 仙台経済圏の情報誌の制作・発行
トップページ 個人情報の取り扱いについて お問い合わせ  
仙台経済界トップへ戻る
トップページ>仙台経済界について
仙台経済界 仙台圏唯一の経済情報誌
 仙台のビジネスコミュニティツールです。隔月刊奇数月に発売します。定価670円(本体620円+税)。書店、コンビニなど1300店舗で販売しています。

2017年5-6月号(2017年5月1日発売)
特集 地元企業の海外ビジネス
勝者の条件

宮城はまだまだ伸びる/
大永商店/にしき食品/
東洋機械/うしちゃんファーム/世嬉の一酒造

レポート

土木マニアが地域を救う
周辺の観光スポットと連携を

仙台の主要な都市計画道路
まちを変える注目の4工区

子どもの貧困は社会的損失
宮城県の子どもの貧困率は全国32位

東日本大震災復興事情の今
2017年がターニングポイント

★インタビュー
 
仙台市ガス局 事業管理者 氏家 道也
宮城県法人会連合会青年部会
連絡協議会 会長
佐藤 知樹
七十七証券 代表取締役社長 鈴木 勇
ブロードリンク 仙台支社支社長 中島 ヒロタカ
住友不動産 東北支店支店長  松田 昭
ウエルシスパートナーズ
代表取締役
佐藤 英樹
ヴォスクオーレ仙台 代表取締役 坂本 理
エールクリエイト 代表取締役 仲田 憲仁
高山 統括部長 高山 智壮
隼電気 代表取締役社長 平間 修一
★座談会
  カレーでまちを盛り上げよう
大沼二郎/齋藤柚里/社本治彦/土井宏
◆ターゲットと特徴
ビジネスパーソンをターゲットにした仙台経済界は、ビジネスチャンスのヒント、まちづくりの在り方、政治経済のみならず教育・文化など地域に密着した紙面づくりをしております。
試し読みをする

地元企業の海外ビジネス
勝者の条件

 少子高齢社会、人口減少による国内マーケット縮小と言われる中で、新たなマーケットを開拓するために、貿易を経営戦略に取り入れる企業が増えてきた。海外ビジネスセミナーも参加企業が増え関心は高まるばかり。特に経済成長しているアジア諸国との貿易はチャンス。手探り状態からはじめチャレンジする地元企業の意気込み、取り組みを追った。

【レポート】
仙台の主要な都市計画道路
まちを変える注目の4工区

 仙台市の都市計画決定による「都市計画道路」は、実に158路線。私たちの生活にも関わってくる「大動脈」ばかりだ。現在事業中の都市計画道路が開通すると、どのように利便性が向上するのか、その中でも主要な4工区をレポートする。

【レポート】
東日本大震災復興事情の今
2017年がターニングポイント

 東日本大震災から丸6年が経過、2017年はどうやら復興に向けた大きなターニングポイントになりそうだ。宮城県の掲げた復興計画では、17年度が再生期の最終年度に当たるが、気仙沼市や南三陸町ではちょうどこの時期に生活に欠かせない常設商店街が形成され、災害公営住宅や防災集団移転事業などの住宅再建も完了する見通しとなった。

【座談会】
カレーでまちを盛り上げよう

 子供から大人まで大人気のカレー。仙台においても同様で、専門店の増加のみならず、最近では地元の食材とコラボさせたカレーを地域おこしに活用するなどの事例も増えてきている。そこで、今回はカレー好きの皆さんにお集まりいただき、オススメのお店、仙台ならではのカレー、カレーを生かしたまちづくりなどについてアツく語っていただいた。
ご購入方法

 仙台都市圏及び宮城県内、山形市、天童市、岩手県一関市、福島市の書店300店、コンビニエンスストア、キヨスクなど1,300店舗で発売中です。東京都内では、豊島区東池袋の宮城ふるさとプラザ(TEL:03-5956-3511)、千代田区神田錦町の東方通信社・ふるさと情報PRセンター(TEL:03-3518-8844)にて取り扱いをしています。お近くの書店にない場合は、こちらからお問い合わせください。

バックナンバーご案内 定期購読の申込み
会社概要
定期購読のご案内
各種受付のご案内
バックナンバーのご案内
お問い合わせ
発行雑誌・書籍
雑誌
仙台経済界
仙台商圏
仙台のプロジェクト
仙台圏の不動産情報
Senkey1(※休刊中)
書籍
SLAM-DUNKING
WAL-MART!
被告人ウォルマート
−市民、顧客、従業員、納入企業等による 反社会的行為との戦い−
アンケート・読者の声募集
株式会社 仙台経済界
<本社>〒980-0811 仙台市青葉区一番町1-12-39(旭開発第2ビル202号)
<分室>〒980-0811 仙台市青葉区一番町1-4-3(ベルエア会館303号)
TEL: 022-223-5611 FAX: 022-224-4695